ドラクエ10 ぺりめに ファイナルファンタジー14 DQ10 FF14

ぺりグ

DQ10にてアストルティア、FF14にてエオルゼアを駆け回るRPG鬼好きおじさん(鬼おじ)のブログ

【バトエン】タクティカルピックどうしても勝てない人向け(自分含め)

ちょりっす。

ぺりさんですよ。

色々創作ってましたら、ドラクエ10から離れていましたが、戻りましたので、書きます。

 

どうして戻ったかというと、バトエンやるためです。

もうほんと、バトエンだけプレイして、去るを繰り返した週末でした。

f:id:yukitosakuraisuper:20181112150336j:image

 

現在、開催中のタクティカルピック戦。

上位ランカーの点数が異常値をはじき始めた昨日、11日未明(ポキプリの日)。

300位以内でランクインしていたぺりめに氏も、400位くらいまで落ち込んでいた。

つい土曜まで4000ポイントで安定、ってな、流れやなかったんかい!

10000超え見て、一気に萎えたわ!ホンマやめてや、もう!wそんなにワシ、できひんやん!できひんねんから!

 

まあランクやらなんやらは置いといて、現在4000ポイント付近のワイのバトエン大会との上手な向き合い方を書きますね。

長くなるので、見出し置いときます。

 

 

 

1戦の消費時間が長いので、1日4~5戦くらいが精神衛生上よろしい

まずはこれですね。

とにかく消費する時間が長いのを覚悟しましょう。

基本的に、10ターン目を迎えたらクライマックス突入なんですけど、そこまでに決着することってありません。せいぜい、1人負け(4位)したときだけです。途中抜け。

だから長い。1日4-5くらいでちょうどよい。

上位ランクを狙っていく場合は、この限りではなく、5戦以上やっても、「〇〇ポイントに乗せる!」ってとこまでやるのが吉。この際の、目標設定は「自身の現ポイントから1位2回=400ポイントUP」が妥当。それ以上は心に支障をきたします。

あ、これを話していませんでしたね。

いまからプレイする方もいらっしゃるでしょうから、バトエンがなぜ、心に支障をきたしてしまう感じなのか、ということを。

一度でもDQ10内のバトエンを触ったことがある方なら、その理由はわかるでしょう。

DQ10コンテンツのなかでも、群を抜いて「自分の思い通りにならない」コンテンツだからです。

そもそも、旧来よりのバトルえんぴつに触ったことのある方なら理解しやすいのですが、つまりはこれ、「ダイス」です。

TRPGとかにはお馴染みのダイス。6面ダイスです。そりゃ思い通りには、ならないですよね。

そこをよぉく、かみしめておかないと、勝てないと、イライライライラしてきます。

仕方ないのです。

ほぼ「運だけ」なんですよ。バトエンって!

諦める心は、悪い心ではない。それだけ最初に伝えておきます。

 

最強のバトエンはない!まずその【思考】を捨てねば勝てない!

この勝負。ほぼ「運だけ」ってのが分かりました。

じゃあそれ以上何を語るんだってお思いでしょう?

ここからは、「運以外」でプレイヤーができる勝率を上げるための【ピックの仕方】【戦術】について語っていきましょう。

※ただし、確実に勝率が伸びるわけではないです。

 

あ、まず言っておきますね。

「これが最強!」「このバトエンを選べば間違いなし!」

っていうのは一切ありませんので、そういうのを期待しているひとはブラウザバックでどうぞ。

ないですから。

そういうの。

考えても時間の無駄ですし。

それ選んで負けることもザラにあるんで、腹立つだけですよ。

そういう思考は、やめましょう。(見出し回収)

 

f:id:yukitosakuraisuper:20181112150352j:image

さて、私は誰でしょう?

 

f:id:yukitosakuraisuper:20181112150357j:image

そう、この私、バトエンジャーだッッッッッ!

 

ピックの仕方。まずは封鎖で選択肢をさらにつぶせ!

そもそも、ピックバトルは、マイデッキバトルと比べて、選べるバトエンが少ないので、出すモンスターがかぶります。

それが大前提です。

そこがまず違う。

マイデッキだと、選択肢は57種類なんで、そもそも【対策を練る】ことが非常に大変です。

しかしピックだと、「ある程度、場に出てくるであろうバトエンを読めます」

キラーマシン2にファンキードラゴ合わせてCAで狩る!みたいな【対策を練れます】。

あ、CAってチェンジアタックね。こう略してるのぺりさんだけですけど。(キャビンアテンダントじゃないですよ?)

ピック画面での【戦略】は大事で、この20秒くらいの間で、場の全掌握ができると言っても過言ではありません。

※場=フィールド。4体バトエンが顔つき併せているとこ。場の流れが読めないと、正直プレイヤーは何もできず他の3プレイヤーに弄られます。

とくに大事なのは、「封鎖」

封鎖することで、「自分が使えるけど他3人は使えない」バトエンを選ぶことができます。

ただし!封鎖が2人以上かぶると、誰もそのバトエンを使えなくなります。つまり場にそのバトエンが姿を見せることはなくなります。

これは、どちらも有用に場に作用します。

自分封鎖は、ピックでの優位をとることができ、全員封鎖は、ピックの選択肢を狭めることで、単純な読み合い勝負に持ち込みやすくなります。

自分がこの8本のセレクトでは、こいつとこいつの勝負に持ち込めば優位に立てるなっていう場の状況を見据えて封鎖選択をしましょう。

えー、まあ、概念をつらつら語ってもしょうがないなこれ。

とりあえず、視た限りの「封鎖されやすいバトエン」をピックアップしましょうかね。

・プリズニャン

・あらくれチャッピー

・キラージャック

パンドラボックス

グレイトドラゴン

キラーマシン1・2

しにがみきぞく

(順不同)

……まあ、ランクによってかなり違う気もしますがね。

基準は、

「はやいやつ」

「火力高いやつ」

「バランスがいいやつ」

ですね。

気を付けたいのは、人気のバトエンには、封鎖が集中する、という心理をみんなが逆いったときです。

そうなると盤面を読むのは面倒になりますので、ご注意を。

グレドラも場に出るよ!グレドラ4すくみとか圧巻っちゃぁ圧巻ですけどねw

 

バトエンを知る

【戦術】に行く前に、バトエンの特性を知りましょう。

57種全部覚えなくてもいいですが、上位を狙う人は覚えましょう。

ざっとね。

ぽいぽいピックアップして解説していきます。

決して、こいつがおすすめ!っていうことじゃないですからね。

 

f:id:yukitosakuraisuper:20181112150928p:imagef:id:yukitosakuraisuper:20181112150942p:image

いわゆる「バランス型」

バランス型っていうのは、無駄がないバトエンを意味します。

6面すべてで「何かしら行動」できる可能性があるバトエンが強力なバトエンの一種です。

まず単純に「ミス」の少ないバトエンをピックしていっても、いい線いくと思います。

 

 

f:id:yukitosakuraisuper:20181112150956p:image

この胴長ネコ。

バランス型のフリして実は「火力型」

動きに無駄がないのに加えて、CA(チェンジアタック)がライガー

★殺しは有用。

すばやさもある。

 

f:id:yukitosakuraisuper:20181112150949p:image

ほぼ確実に手番は最後になりますが、●殺しのCAと、呪い・転びのデバフは有用と言わざるを得ない。

すばやさフリークのみなさんは選択したくないでしょうが、ぺりさんは好きだなあ。

プリたん好きだなあ。

dq10great.blog-mmo.com

dq10great.blog-mmo.com

 

 

 

f:id:yukitosakuraisuper:20181112151002p:image

ミス1面の万能より火力タイプのこいつ。

折々の剣技であますところなく、殴れ、ミラクル回復もある。

ドラゴンを狩れ!

万が一かぶらずにグレドラが来たら、ドラゴン斬りで狩れ!

決まったら、超気持ちいいです。

爽快の極み。

 

f:id:yukitosakuraisuper:20181112151011p:image

言わずと知れた、すばやさ防御型。

次に紹介するシールドこぞう同様。

正直、ピックの1体目はこれを選びたくなる。

戦略次第ですが、これは、選びたくなる!マジックスープとの相性もいい。

 

f:id:yukitosakuraisuper:20181112151022p:image

というか、地味にCAが全体30ってところでそもそも強いんですよね。

無駄がないところに全国のバトエンファイターが歓喜する。

 

f:id:yukitosakuraisuper:20181112151035p:imagef:id:yukitosakuraisuper:20181112151045p:image

特筆すべきはそのすばやさと、呪文を打ってもミス1面と、隙がないところ。

ドルマドンの高火力がクライマックスできまれば、すべてをご和算にできる!

ゴーレムのfinalブロー?

ああ、玄人はドラキーですよ?あいつ足遅いでしょ?とドヤ顔したくなること請け合い。

 

f:id:yukitosakuraisuper:20181112151055p:imagef:id:yukitosakuraisuper:20181112151100p:plain

キラーマの即右攻撃と違って、火を吹くには必ず2ターン要する展開の遅さに目をつむれば、衝撃の火力を誇る。

そこそこのすばやさで先手をとれ、140HPが耐久力もとれる。

展開が遅くても中盤の盤面をとるには絶好のバトエン

 

戦術の基本はアイテムとチェンジアタック

偉そうに書いてますけど、【戦術】って、つまりはアイテム使うタイミングと、CAするタイミングを計ろうってことです。

アイテムとCAあわせて4回。

プレイヤーが場に介入できる「運」以外の要素です。

それが4回。

4回しかない。

ピックにおいては、しかもアイテム2個はランダムなんで、呪文なし構成でマジックスープとつきのめぐみとか辛すぎる。

実質アイテム2個は死んだも同然となります。

なので、【戦術】と言えど、【戦略】つまりピックする時点で、完璧にくみ上げておかなければならないということになります。

CAは、相手の選びそうなバトエンにあてていくことが基本です。

 ・基本的にCAを活用して序盤から中盤(1ターン~7ターンくらいまで)で優位をとるなら、火力の高いCAを選ぶ。

・中盤に耐久気味に展開できるなら、温存して終盤クライマックスで吐き出し1位を狙う。という使い方でOK。 

んー、戦い方次第なんですけど、CAにおいてはこの2つが基本戦術ですかね。

上の方は、2位以上を狙う戦い方。(Sランク以上は3位以下だとポイント減少)

下の方は、1位を狙いにいく戦い方。

どっちがいいかと言われると、どっちもいいです。

2位以上とれたら、基本的に勝ちだと思いますよ。

2位以上は「運」の要素が絡み過ぎてくるので、そこに執着してると気が滅入ります。

バトエンにおいて、盤面を掌握するというのは、いかにHPを残してバトエン数を減らさず終盤を迎えるかにかかっていると個人的には思ってますので、真っ先に自分一人だけバトエン数を減らさないようにしましょう。

4位が一番ダメです。

4位になったときには、悔しがり、なぜ4位になったか考えましょう。

「運」だけではないはずです。

読み負けた。ってのもあるかもしれません。

ちょっと思考が追い付いてないな、と感じたら一旦手を停めましょう。その日は折り合いが悪い日なんです。

 

あい。

そんな感じですかねー。

まあ、色々細かく言いたくはありますが、

みんなバトエンしようぜ!!!?

盛り上がりが悪いよ!!!!

たのしいからさあ!!!!!!!

 

 

 

f:id:yukitosakuraisuper:20181112150414j:image

レンドアで、待ってます。

タクティカルピックバトルで僕たちと、握手! 

 

 

 

 

更新情報などはコチラでご覧ください。

 

 

 


人気ブログランキング